ストレスによる症状とおさらば~おかえりなさい安定した平穏な日々~

男性と女性

色んな影響

笑顔の看護師

私達は仕事による人間関係だけでなく、日常生活からでもストレスを受けることがあります。ストレスが酷くなってしまうといろんな症状が出てきます。ストレスによる症状というと睡眠障害や体調不良があります。特に体調不良の場合ですが、神経性胃炎をはじめ睡眠中の歯ぎしりによるあごの痛み、休日だけに発生する頭痛、虫刺されなどアレルギーではないのに酷いかゆみがある、そして突然のアレルギー症状があります。アレルギー症状の場合、下手をすると命を落としてしまう可能性もありますので、特に注意が必要になってきます。実際ストレスによる突然のアレルギー症状で危ない目にあったという人は多いです。また、休日だけに起こる頭痛ですが、平日の仕事でストレスのせいで起きるようになっているのです。ストレス中は血管が緊張していて頭痛が起きないのですが、緊張が溶けてしまったことで頭痛が起きてしまうのです。心当たりがあるという場合、症状が酷くなる前に心療内科などの専門外来へ診察治療に行った方が良いでしょう。

ストレスが原因の症状ですが、睡眠中の場合だと歯ぎしりだけではありません。歯ぎしり以外だと、悪夢を見るということがあります。悪夢を見るという症状には心に傷を負っている、精神疾患などがあります。これら以外ですと心的外傷後ストレス障害、通称PTSDやナルコレプシー、レム睡眠障害などの時にもよく悪夢を見るようになってしまうのです。睡眠は体調面だけでなく精神面にも関わってくるので、快適な睡眠が取れるようにしなくてはなりません。悪夢の頻度が酷い際にも精神科や心療内科へ診察に行ったほうが良いでしょう。夢だからと言ってほったらかしにしてはいけません。ストレスが原因の悪夢のせいで精神状態が悪化してしまったという人は多く、中には治療が難しくなってしまったという人もいるのです。そうなってしまわないようにすることが大切なのです。他の症状と同じようにアロマや腹式呼吸などリラックス効果を得る事が出来る方法を日常生活に取り入れると良いでしょう。